社員インタビュー

経営企画部 広報室

西田 育実

SNSの運営や企画の発案・運用など、ヤマダイのファンを増やすべく日々取り組んでいます。

学生時代どんなことを学んでいましたか

大学ではマーケティングの勉強をしていました。モノを売る仕組みづくり全般に興味があったので、マーケティングリサーチやブランドマーケティングなど興味が向くままに幅広く学んでいました。基礎からしっかり勉強していたおかげで社会人になってからも役立つことが多いです。
ただ、「色々なことがうっすら分かる人」なので、一つをがっつり極めている人はすごいなと思います。

現在の仕事内容を教えてください

広報として、どうしたらたくさんの人にヤマダイを知ってもらえるか・好きになってもらえるかを考えて企画を実施しています。
広報というとメディア活動のイメージを強く持っている方も多いと思います。もちろん、メディアに新商品ニュースを配信したり、取材を受けたりもしていますが、私は、メーカーで広報として働くことの一番の魅力は、SNSや企画を通して、お客さまと直接コミュニケーションをとれることだと思います。
最近は特にTwitterの運用に力を入れています。どうすればお客さんにもっと関心を持ってもらえるか日々試行錯誤をして情報を発信しているので、是非、フォローお願いします!!




入社前後で感じたギャップがあれば教えてください

私は、ヤマダイ入社前にベンチャー企業で働いていた中途入社なのですが、ギャップは大いに感じました。
社内文化やちょっとしたコミュニケーションの取り方が全部微妙に違ったんです。
会社によって、こんなに雰囲気が違うんだ、と驚きました。ただ、一緒に働いている人が優しい人ばかりだったので安心しました。前の会社も人には恵まれていたので、運がいいのかもしれません。採用ページだからといって無理に良いことを言っているわけではないですよ!(笑)
会社の雰囲気が自分に合うか、というのはとても大切なことだと思うので、採用活動中、会社の人と積極的に話してみてください。

今までで一番やりがいを感じたことは何ですか

SNSを通じてお客さんとやりとりをすることが一番楽しいです。
Twitterの投稿に返信をもらえたり、キャンペーンに当選された方がお礼のメッセージをくれたり、小さなことではありますが、自分が考えたことに良いリアクションをもらえると素直に嬉しく、やりがいを感じます。
何千人・何万人に一気に拡散されるようなおもしろい仕掛けを作ることもいつかはやりたいですが、
まずはひとりひとりといい関係を築いて、その輪をじわじわ広げていきたいと思っています。

社会人になって学んだこと、成長したことはありますか

よく「コミュニケーション能力が大事」といいますが、学生と社会人では求められる能力が少し違うように感じます。学生時代は「周囲にいる人といい関係を築くこと・仲良くなること」に重きをおいていましたが、社会人になってからは「いつ誰に相談すれば上手くいくか・どういう切り口で話すのが最適か」など、そういう計算高さみたいなものが身に着いたかもしれません。

就活生に伝えたいことはありますか

就職活動本当にお疲れ様です...!不安になったり焦ったりすることもあるかもしれませんが、私は就活が上手くいくかどうかの半分くらいは運や縁が占めているんじゃないかと思っています(※個人の意見です)。だから多少思い通りにいかなくても、落ち込みすぎずにおいしいものでも食べてリフレッシュしてほしいです。
皆さんが自分に合う素敵な企業と出会えることをお祈りしています。また、少しでも気になればぜひヤマダイにも応募してみてください!




休日はどんなふうに過ごしていますか

おいしいものを食べに行ったり、ウィンドウショッピングをしたり、近くの河原を散歩したり...平日はデスクワークが多いので、休みの日は外に出てリフレッシュすることが多いです。コロナ禍になり行けていませんが、土日にふらっと京都に行って神社やお寺を巡るのも好きです!

ヤマダイ製品の中で、好きな商品は何ですか

どれもおいしいのですが、一つ挙げるなら「凄麺 喜多方ラーメン」です。「シンプルなのに、やたらおいしい」というのが率直な感想です。喜多方ラーメンののひとつが平打麺なのですが、これがすごくモチモチなんです!初めて食べた時は「カップ麺なのにここまで!?」と衝撃を受けました。