社員インタビュー

経営企画部 開発室

河田 了輔

入社11年目(インタビュー当時)。新商品の味づくりを中心に、いろいろな業務を担っている河田さんです。

学生時代

学生時代はどんな勉強をしていましたか

身近な食べ物という存在を科学としてとらえることに興味があったので、食品科学系の研究室に入りました。

麹菌の持つ、有用な物質を作りだす酵素について、ゲノム技術などを使って研究していました。

なぜヤマダイを、なぜ開発を志望しましたか

第一に、「食品の商品開発」を絶対やりたいということがありました。

大学の先生から大手食品企業の違う職種を紹介していただいたこともありましたが、開発ではないので断ったくらいです。

そんな中で、ニュータッチというブランドは昔から知っていて、大学時代に凄麺を食べたときにカップ麺とは思えないクオリティーに感動したことがあり、こんな商品をつくりたいと思ったことがきっかけです。

kayaku

実際に働いてみて、どんなことを感じましたか

開発というとなんだか華々しいイメージを勝手に抱いていたのですが、結構地味な仕事も多いです。

あとは、仕事の内容が幅広いです。入社前にいろんなことをやると言われていたのですが、まさにその通りでした。

麺の技術開発以外にも、新商品のサンプルを作るという内職のような仕事だったり、営業に同行したり、パッケージ用の写真撮影なんかもやりますね。

ほんとに何でも屋って感じで、それはそれで楽しいです。

shishoku.jpg

仕事で楽しいこと・やりがい・嬉しいエピソードなどを教えてください

仕事で楽しいのは、自分で考えたアイデアを形にすることです。

あれこれ考えていて、こうしたらうまくいくかもって想像している段階が一番楽しいですね。

試作してみたら想像とのギャップがありすぎて逆の意味で笑ってしまうこともありますが。

嬉しいのは、自分のつくった商品を食べた方から、べた褒めされた時です。

さすがに会社で絶叫するわけにもいきませんから、心のなかで叫ぶにとどめています。

deskwork

仕事で大変なこと・失敗したエピソードなどを教えてください

一番大変だと感じるのは、仕事の幅が広いので、同時進行でいろんな種類の仕事を効率よくこなす事ですね。

新商品の発売日は決まっているので、締切がある仕事も多いです。

例えば、パッケージに映っているラーメンの写真も商品担当者が撮影するのですが、締切前ギリギリの撮影とかは手が震えます。

失敗が許されませんからね。

失敗といえば、新商品のかやくパックを試作したとき、少量のサンプルでは何も問題なかったのが、大口のサンプルなるとなぜか香りが変化してしまうということが起こり、発売直前に大きな設計変更を余儀なくされたことがありました。

原因が不明だけに対策の打ちようがなく頭を抱えたのを覚えています。その際は上司にかなり助けていただきなんとか事なきを得ましたが。

shishoku.jpg



思い入れのある担当商品と、その開発エピソードを教えてください

「凄麺 長崎ちゃんぽん」です。

麺の開発からスタートして商品の企画からすべてを一から作り上げた初めての商品です。

ちゃんぽんらしい極太麺を作るのに5年くらいかかったので、それも含めて思い入れがあります。

とにかく麺の開発でとても苦労しました。

少量の試作ではうまくいっていたのですが、量産しようとすると普通にできるはずのことができなくなってしまって困りました。

かなりアイデアを絞りだしていろいろ試したのにやっぱりできない。

もうだめだってときに、基本に立ち返ったら、できたんです。

すごく遠回りをしていたみたいです。

でも、そのおかげでこれまでよりも機械や製法のことを深く理解することができ、それはそれで活きています。

今後の目標を教えてください

まず、人として成長したいです。

入社して10年経ちますが社会人として未熟だと感じることが多いです。

あとは仕事だけできる人にはなりたくないです。

そういうと、じゃあ仕事はできるのか?とツッコまれそうですが。

ラーメンを食べるときのこだわりはありますか

こだわりというわけではないですが、お店ではなるべくデフォルトの味を食べるようにしています。

麺のかたさとかは基本的に全部普通ですね。造り手の意図みたいなものが汲み取れるのではないかと思ったりしていて。

もちろん、気分によってはトッピング全部盛りにしたりすることもありますけど。

逆にインスタントに関しては、生のねぎだけあえてトッピングしたりすることが多いです。

生のネギの風味ってインスタントではどうしても出せないですから。

これだけで本物感がグッと上がるのでオススメですよ。

休日

休日はどんなふうに過ごしていますか

時間があれば、自転車に乗ったりしています。

前は、友人と時間をあわせたりしていましたが、家族のスケジュールもあるので最近は、ほとんど1人で走っています。

たまにレースなどのイベントにも参加しています。

雨の日は走れないので日曜大工とかです。

やりたいことを詰め込むので基本的に休日のほうが忙しいです。

採用情報に戻る