社員インタビュー

営業本部 東京営業部

矢部 達朗

スーパーやコンビニエンスストアなどの営業窓口や販売施策の提案を担当しています。

現在の仕事内容を教えてください

首都圏のスーパーやGMS(大型の総合スーパー)や、全国展開のコンビニ・GMSの営業窓口を担当しています。
ただ商品の美味しさを伝えるだけではなく、棚づくりや企画の考案・提案などを通して、商品が売れる仕組みを問屋さんや小売店さんと一緒に考えていきます。
また、経営企画部と連携し、営業目線での販売施策や広報施策を提案するといった仕事も担当しています。

ヤマダイの営業の特徴を教えてください

日々の業務やスケジュール管理等、個人への裁量が大きいことが特徴だと思います。
特に、得意先へのアプローチは営業それぞれの個性が出せるので、みんな自分なりのやり方をもっていますね。
また、得意先によってアプローチ方法を変えることも必要なので、柔軟性が求められるのも特徴かもしれません。




若手の時と現在の仕事でどのような違いがありますか

もちろん、業務的な幅広さや責任の重さは変わっています。
でも、気持ち的にはフレッシュさを忘れず、若手の時と大きな違いがないように心がけています(笑)今まで上手くいっていたことが、様々な環境の違いで次は上手くいかないこともある。うまくいかなかったら、そこから学んで次に活かすそれが仕事の醍醐味だと考えているので、いつも新しいことに取り組む気持ちで仕事をしています。

思い入れのあるエピソードを教えてください

取引先さんに新商品を提案する際、パッケージが完成しておらず、白いカップに入った商品を持っていくこともあります。その場合、カップの上に貼ってあるシールで商品名や味を判別します。ある日、「醤油」「味噌」の新商品を提案中、紙袋から白いカップを取り出したところ・・・まさかの「醤油」「醤油」!間違えました・・・。
さすがに焦って、頭が真っ白になりました。その場で正直に間違えたことを説明したところ、取引先さんは笑って許してくれたので、一安心。次回の商談で「味噌」をしっかりと提案しましたが、今でも忘れられないほろ苦いエピソードです。




どのような人がヤマダイで活躍できると思いますか

前向きな人ですかね。
言葉で書くと簡単ですが、仕事をするなかで前向きを維持することはとても大変です。
これだ!!と思って社長に提案したら却下されたとき、イチオシの商品の売上が伸び悩んだとき、など苦しいときもありますが、困難な時ほど前を向ける人は、ヤマダイではもちろん、どんな会社でも活躍できると思います。

就活生に伝えたいことはありますか

自分の就職活動は20年前ですから、ずいぶん違うと思いますし、その点で伝えられることはありませんが、
昔の自分へも含めて1つ声をかけるとすれば、「就職活動は就職することがゴールですが、そこから先の方がずっと長いので、そんなに思いつめなくて大丈夫」と伝えたいです。特に、私は転職をして今の会社にいるので、新卒の就職活動の時に思い描いてた社会人人生とは違いますが、やりがいもあって日々楽しいです。

ヤマダイ製品の中で好きな商品は何ですか

「凄麺 横浜発祥サンマ―麺」です。
私は神奈川県出身なので、サンマ―麺の美味しさ、入社前から知っていました。この商品の立ち上げのときに、「かながわサンマ―麺の会」さんとの協業にも携わり、地元の人たちの声たくさん聞きました。商品を通じて地元関係者の方との繋がりをつくれたことは、仕事への自信にもつながりました。
もちろん、熱々のとろみスープやシャキシャキ具材も大好きです!